ドメイン
世界のビール ジラルダン 「ジラルダン ファロ」World Beer - ビール・地ビール・世界のビール -

World Beer - ビール・地ビール・世界のビール -

- ビールの飲み比べ・勝手に評価 -
▼種類別一覧▼
(クリックしていただくと一覧が見れます。)
国内ビール 発泡酒 新ジャンル ドイツ ベルギー イギリス ヨーロッパ アメリカ アジア その他外国
北海道 東北 関東 北陸・甲信越 東海 近畿 中国 四国 九州・沖縄 その他
World Beer - ビール・地ビール・世界のビール - TOP  >  スポンサー広告 >  世界のビール  >  ベルギー >  世界のビール ジラルダン 「ジラルダン ファロ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



World Beer をご覧頂きありがとうございます。
↓ランキング↓ ご声援いただけましたら幸いです。

  mixiチェック

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

世界のビール ジラルダン 「ジラルダン ファロ」


ベルギー ジラルダン
世界のビール「ジラルダン ファロ
コク★★★☆☆
のどごし★★☆☆☆
苦味★★★☆☆
甘味★★★☆☆
総合評価★★★★☆

 

ジラルダン ファロ
1845年創業し1882年にジラルダン家が所有、糖類を加えたアルコール度数5%のランビックです。
注いでみると、泡立ちが良く色は深みのある焦げ茶色をしており、口に含むと、黒糖の様な風味と共に酸味が感じられるのが特徴的です。

黒糖やカラメルの様な風味とほのかに醤油の様な香りに感じられ、酸味も丸みがあり非常にまろやかです。
これからランビックを飲んでみようという方や、刺のある酸味が苦手という方におすすめのランビックです。



World Beer をご覧頂きありがとうございます。
↓ランキング↓ ご声援いただけましたら幸いです。

  mixiチェック

ウマイのだけど大阪は吹田の「大月酒店」以外で扱っているのを見たことないや。

入手困難がネック。最近は他でも扱うようになったのかな?

古いブーンのファロ呑んだことがあるけど流石に枯れていた…。ファロの風味ってはそれほど保たないのかも。

カンティオンのファロは生産量の少なさもあって呑んだことがない(涙)。呑みたい。
[ 2011/04/30 10:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>> ウマイのだけど大阪は吹田の「大月酒店」以外で扱っているのを見たことないや。
日本では現在、大月酒店さんが輸入しているだけなのですかね。

>> 入手困難がネック。最近は他でも扱うようになったのかな?
>
> 古いブーンのファロ呑んだことがあるけど流石に枯れていた…。ファロの風味ってはそれほど保たないのかも。
>
> カンティオンのファロは生産量の少なさもあって呑んだことがない(涙)。呑みたい。

ブーンもカンティヨンもファロは飲んだことがありません…。ぜひとも飲んでみたいですね。

一つ疑問に思ったのですが、ランビックの瓶の色が緑色が多いのはなぜなんでしょうかね。
[ 2011/04/30 20:10 ] [ 編集 ]
ボトルの色は、オランダ国内向けは茶
海外向けは緑、ともききます。
[ 2011/05/01 23:10 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>>Akkiy様

ハイネケンの瓶の色が国内向けが茶色で輸出向けが緑色と聞いた事はありましたが、他の所でも使い分けているのですかね。
[ 2011/05/02 22:11 ] [ 編集 ]
 品質保持のため、光を通さずにするという意味では茶色を海外向けとした方が良いように、素人考えでは思いますが、見栄えも大事なのかも知れない、とも考えます。
[ 2011/05/08 21:36 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
見た目も大切なのかも知れませんが、小売店も含め品質管理を大事にしていただきたいものですね。
[ 2011/05/09 18:21 ] [ 編集 ]
はじめまして。
検索していたら、このページに行き着きましたので、「ランビックの瓶の色が緑色が多いのか」に私見を書きます。

まず、ベルギーの法律で、自然発酵のサワービールの瓶容量は最小の3規格で25cl、37.5cl、75clと決まっており、通常のボトルビールの33clは法的には違反という事情があります。

次いで、この37.5clや75clの瓶をどうやって調達しているかといいますと、シャンパーニュ(スパークリングワイン)瓶の再利用が主流です。

コルク栓を留めること等も含め、瓶の強度の観点からシャンパーニュ瓶が適しているという事情もあります。そのため、茶瓶ではなく、緑色の瓶が主流となっています。

一方、25clのものは通常、カフェサイズ(25cl)のビール瓶のリユースです(また、全て王冠栓で、コルクは用いません)。
そのため、ランビックであっても、25clのものは茶瓶がメインとなっております。

仮に瓶内発酵しているもの(ベルギー現地では、Boon Geuzeには25clサイズもある)でも、茶色瓶です。

以上を一言でいうと、見た目というより、コスト面から緑瓶を使っているということになります。
これは、小規模生産者ほどそうなります(Timmermans Oude Geuzeのように自社で瓶を発注しているリッチな造り手は、茶瓶であることを想起するのも良いかと思います)。

なお、ランビックについて、「オランダ国内向けは茶、海外向けは緑」という事実はありません。
[ 2011/10/11 05:55 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして。
>>brillat_savarin_1様

はじめまして。遅くなり申し訳ございません。
いつ参考にさせていただいております。

>>この37.5clや75clの瓶をどうやって調達しているかといいますと、シャンパーニュ(スパークリングワイン)瓶の再利用が主流です。

こういった理由があったのですね。
勉強になりました。ありがとうございます。
[ 2011/10/26 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ビールメーカーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。