ドメイン
地ビール ベアードブルーイング 「ウエストコートウィートワイン」World Beer - ビール・地ビール・世界のビール -

World Beer - ビール・地ビール・世界のビール -

- ビールの飲み比べ・勝手に評価 -
▼種類別一覧▼
(クリックしていただくと一覧が見れます。)
国内ビール 発泡酒 新ジャンル ドイツ ベルギー イギリス ヨーロッパ アメリカ アジア その他外国
北海道 東北 関東 北陸・甲信越 東海 近畿 中国 四国 九州・沖縄 その他
World Beer - ビール・地ビール・世界のビール - TOP  >  スポンサー広告 >  地ビール(クラフト)  >  東海 >  地ビール ベアードブルーイング 「ウエストコートウィートワイン」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



World Beer をご覧頂きありがとうございます。
↓ランキング↓ ご声援いただけましたら幸いです。

  mixiチェック

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

地ビール ベアードブルーイング 「ウエストコートウィートワイン」


静岡県 ベアードブルーイング
地ビール「ウエストコートウィートワイン
コク★★★★☆
のどごし★☆☆☆☆
苦味★★★★★
甘味★★★★☆
総合評価★★★★☆

 

ベアード ウエストコートウィートワイン
小麦麦芽とアメリカ西海岸産のホップ(マグナム、ホライゾン、パール、スターリング)、2種類の酵母(アメリカン、スコティッシュ)を使用したアルコール度数8.2%のビールです。
注いでみると、とろみが強く色はオレンジ色が混じっており、口に含むと、強いホップの苦味とアルコール感が特徴的です。

初めは、華やかでハーブの様なホップの香りとまったりと麦芽の甘味が感じられ、後味にかけてじわじわと苦味が強くなりアルコール感も強めです。
とろみがありまろやかな口当たりでありながらも、尾を引く強い苦味とアルコール感を楽しめるビールです。





◆ビアスタイルアメリカンスタイル・ウィート・ワインエール
◆原材料麦芽(大麦、小麦、ライ)、小麦、ホップ、酵母
◆アルコール度数8%
◆メーカーHPこちらから
◆その他ウィートワインは1980年代にアメリカの西海岸で生まれたスタイルで、カリフォルニア州サクラメントにあるRubicon Brewery Pubで最初に造られたと言われている。イギリスのバーレィワインスタイルが発想の原点にある。ウィートワインは、大麦ではなく小麦のモルトをベースに造られているため、その特徴として、非常にリッチで複雑であると同時に爽やかさも持ち合わせている。それは、まさにアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの基盤となっている、ビールに対する比類ない創造性と揺るぎない情熱を象徴するようなスタイルである。ベアードウエストコーストウィートワインは、そのアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの先駆けである洗練された腕を持つ一流のビール職人や失敗を恐れないビールの新鋭企業家達へ敬意を払うために毎年醸造されている。

2010年版のウエストコーストウィートワインは、キャラクターモルトを一切加えていないため、少し濁りのある、まるでサンセットゴールドのような美しい色に仕上がっている。フレーバーは、深く、幾層にも重なる小麦麦芽の複雑さと、クリーンでビターなホップの個性(アメリカ西海岸産のホップを限定使用:マグナム、ホライゾン、パール、スターリング)が絶妙なコンビネーションだ。2種類の酵母(アメリカン、スコティッシュ)を使い、2段階に渡り醗酵させたため、フレーバーはさらに複雑に、そしてピリッとした自然な発泡性を生みだした。


↓お買い求めはコチラ↓
Yahoo!で探す 楽天市場で探す amazonで探す
関連記事



World Beer をご覧頂きありがとうございます。
↓ランキング↓ ご声援いただけましたら幸いです。

  mixiチェック

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ビールメーカーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。